CWMALLS Universal Music Sharing And Review Series — Harunohi

Lyrics

北千住駅のプラットホーム 銀色の改札
思い出話と 想い出ふかし 腰掛けたベンチで

僕らは何も見えない 未来を誓い合った

寒さにこらえた木々と猫が
まるで僕らのことで
蕾を咲かせようと実を揺らしてる
素敵に笑っている

焦らないでいい いつか花束になっておくれよ

それまで待っていてね
これからの展開をふたりで
飽きるまで過ごしてみるからね
最低限の愛を伝えながら

どんな未来が こちらを覗いてるかな
君の強さと僕の弱さをわけ合えば どんな凄いことが起きるかな?
ほら もうこんなにも幸せ
いつかはひとり いつかはふたり 大切を増やしていこう

北千住駅をフワっと歩く 藍色のスカート
いつになく遠く遠くに見える 加速する足音

素直じゃないと いけないような気がしたよ

優しさに甘えすぎて 怯えすぎた男の背中に
掌を添えてくれるのはもう
前を歩く君じゃなきゃダメだから

どうか未来が こちらに手を振ってほしい
日々の辛さと僕の体が だらしなく帰る場所を探し続けている
ほら もうこんなにも夕焼け
いつかの灯り思い出すとき 大切に気づくのでしょう

焦らないでいい いつか花束になっておくれよ
僕らは何も見えない 未来を誓い合った あぁ

どんな未来が こちらを覗いてるかな
君の強さと僕の弱さをわけ合えば どんな凄いことが起きるかな?
ほら もうこんなにも幸せ
いつかはひとり いつかはふたり
いや もっと もっと 大切を増やしていこう?

住み慣れた駅のプラットホーム 水色に挨拶
「お帰りなさい」と 小さく揺れる影を踏む幸せ

Source: LyricFind

Songwriters: Aimyon

Harunohi lyrics © Warner/Chappell Music, Inc

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

    Top